「ビダンザゴースト」と姉妹品「ビダンザビースト」との比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ビダンザゴースト」は、2017年11月に発売された今ある加圧シャツのなかで最新のモノです。そして「ビダンザゴースト」と「ビダンザビースト」とは姉妹品であり「ビダンザゴースト」は「ビダンザビースト」の発展型といえます。

「発展型」とはどういう意味かというと「ビダンザゴースト」には「ビダンザビースト」のもつ機能に「ビダンザビースト」にはないプラスαの機能が備わっていて、このプラスα機能を備えているところに「ビダンザゴースト」の大きな特徴があるのです。

(1)「ビダンザゴースト」と「ビダンザビースト」比較①

①生地材質について両者が共通して持っている特徴

「ビダンザゴースト」も「ビダンザビースト」も同じメーカーであることから、両方ともメインの生地素材は「ポリエステル」です。「ビダンザビースト」の方は「テリレン」と記載されていますが「テリレン」はポリエステル系合成繊維の商標名ですから「ポリエステル」と同じと考えて問題はありません。

そして「ビダンザゴースト」は「ポリエステル(テリレン)82%」「ポリウレタン18%」と表示され、「ビダンザビースト」は「ポリエステル82%」「スパンデックス18%」と表示されています。「ポリウレタン」と「スパンデックス」の表示の違いがありますが、「スパンデックス」とはポリウレタン系合成繊維であり、両者は同じと考えていいです。

だから、両者とも「ポリエステル(テリレン)82%」「ポリウレタン(スパンデックス)18%」という品質表示で同じです。

ところで、この「スパンデックス」とは伸縮性に極めて優れ、混紡率が低くてもその特性を失わない弾性繊維であるため、それが加圧シャツの生命線である加圧力を生み出す重要な源泉となっているのです。

そして「スパンデックス」はそれ単独で使用されることはほとんどありません。他の繊維に配合させて使われることが多いので、その配合割合が加圧シャツの価値を決める大きな要素となります。その点「ビダンザゴースト」も「ビダンザビースト」も共に「スパンデックス」の配合割合は18%となっていて、その数値はこのジャンルのなかでもトップクラスだし、実際の加圧力も強烈です。

「ビダンザゴースト」「ビダンザビースト」ともに、この「スパンデックス」でもって「筋トレ効果」「姿勢矯正効果」「着痩せ効果」「食欲抑制効果」が導かれるのです。

以上述べたことが「ビダンザゴースト」「ビダンザビースト」ともに共通して持っている特徴についてです。

②生地材質について「ビダンザゴースト」だけがもっている特徴

「ビダンザゴースト」は加圧シャツ史上初の試みである「熱可塑性ポリウレタン」をシャツの一部に採用しています。これが「ビダンザビースト」にはない大きな特徴です。

「熱可塑性ポリウレタン」とは、主にサウナスーツなんかに利用されている素材で気密性と保温効果をアップさせ、外側からの空気を通しにくく、発汗性を促し、全身の引き締める効果をもっています。

これによって、発汗性と保温性を促し、ひいてはより効率的に脂肪燃焼効果を導き出します。もちろん「ビダンザビースト」でもそのような効果は自然の流れであるわけですが、「ビダンザゴースト」の場合はわざわざ「熱可塑性ポリウレタン」という素材を利用することによって、意図的に、そして特化して発汗性と保温効果を促しているのです。

また「熱可塑性ポリウレタン」は読んで字の如く「ポリウレタン」の一種ですから、要するに「スパンデックス」と同種なのです。だから「スパンデックス」と同様に強烈な伸縮性を備えています。そして、この「熱可塑性ポリウレタン」は、ポリエステルとの配合で利用されてその配合割合は10%(ポリエステル90%)とされています。

このことから「ビダンザゴースト」も「ビダンザビースト」も「スパンデックス」の配合量は18%ということで同じですが「ビダンザゴースト」の場合は、この「熱可塑性ポリウレタン」が含まれているため加圧力、つまり体への締め付け効果は「ビダンザビースト」よりも大きいと言われています。

最新加圧シャツ「ビダンザゴースト」の詳細はコチラ
ビダンザゴースト(発汗性・加圧シャツ)特徴&効果そして口コミ評判はどうなの?

公式サイトでの購入はコチラをクリック!
VIDAN THE GHOST(ビダン ザ ゴースト)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*