「ビダンザゴースト」を着用することで疲れてしまうのはいいこと?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(1)「ビダンザゴースト」の機能

「ビダンザゴースト」を着用すると、言うまでもなく体に大きな「圧」がかかります。「圧」がかかるということは、その分体の動きが不自由になることを意味します。

だから、その状態で体が動かす場合は「圧」がかかっていない状態で動かす場合に比べて筋肉に多く負荷がかかることになり、それがかえって、筋力UPつまり筋トレ効果につながることになります。

もっとも、その動きが普段の日常レベルでは筋肉の活動領域が小さいので、まったくゼロとは言いませんが、ダイエットにせよ筋力アップにせよその効果は決して大きくはありません。それに対して、その域を超えて本格的な運動とか筋トレなど積極的な体の動きをする場合は、筋肉の活動領域が大きいので「ビダンザゴースト」着用による効果は非常に大きなものになります。

つまり「ビダンザゴースト」はそういった運動効果を拡大かつ効率的に体に反映させるサポートアイテムなのです。

(2)疲労感があるのは想定内

いずれにしても「ビダンザゴースト」を着て活動すると筋肉にかかる負荷が増えるわけですから、当然疲れを感じてもおかしくありません。でも、そこには当然個人差があります。仮に疲れを感じてしまっても、それは「ビダンザゴースト」が予定通り効いているからこその表れと考えることもできます。

さらに言えば、長年決して良くないといわれる姿勢で過ごしてきて慣れてしまった姿勢(例えば、猫背)を「ビダンザゴースト」がもつ「姿勢矯正効果」でもって、無理やりに正しい姿勢に矯正され、今後その姿勢で日々過ごすことを強要されるので、その点で疲れがでてしまうこともあります。

(3)着用を継続することでやがて疲労感はなくなる

だから、最初は疲れを感じるとしても継続して怠りなく着続けると、筋力がUPするにつれて、また良い姿勢に慣れていくにつれて疲れを感じなくなるはずです。

したがって、疲れを感じるからと言ってすぐに着用をやめてしまうのは非常にもったいない話しで、頑張ってしばらくは継続していくべきです。そうすれば素晴らしい結果を享受できるはずです。決して即効性があるものとは考えないでください。

(4)無酸素,有酸素運動を繰り返すのが理想

そもそも「ビダンザゴースト」といった加圧シャツは、上半身なら上半身全体を計算された加圧力でもって刺激を与え、特にランニング等の有酸素運動を経ると体内に大量の酸素が供給可能となり、それによって血流が改善されて運動することで体内に蓄積される疲労物質の血中乳酸濃度が抑制されます。だから、運動をすればするほど疲労感が薄れていくのです。

したがって「ビダンザゴースト」を着用しての運動は、筋トレ等々の無酸素運動とランニング等の有酸素運動を繰り返し行いのが理想です。

つまり、筋トレなどの無酸素運動で筋力をUPさせることで、そう簡単に疲れない筋肉を作り上げ、ランニングなどの有酸素運動で体内にそう簡単に乳酸濃度が高まらない体質を作り上げるのです。

もちろん、無酸素運動、有酸素運動どちらか一方でもまったくしないよりはする方がずっといいです。

最新加圧シャツ「ビダンザゴースト」の詳細はコチラ
ビダンザゴースト(発汗性・加圧シャツ)特徴&効果そして口コミ評判はどうなの?

公式サイトでの購入はコチラをクリック!
VIDAN THE GHOST(ビダン ザ ゴースト)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*