2018年 5月 の投稿一覧

「ビダンザゴースト」を着用することで疲れてしまうのはいいこと?

(1)「ビダンザゴースト」の機能

「ビダンザゴースト」を着用すると、言うまでもなく体に大きな「圧」がかかります。「圧」がかかるということは、その分体の動きが不自由になることを意味します。

だから、その状態で体が動かす場合は「圧」がかかっていない状態で動かす場合に比べて筋肉に多く負荷がかかることになり、それがかえって、筋力UPつまり筋トレ効果につながることになります。

もっとも、その動きが普段の日常レベルでは筋肉の活動領域が小さいので、まったくゼロとは言いませんが、ダイエットにせよ筋力アップにせよその効果は決して大きくはありません。それに対して、その域を超えて本格的な運動とか筋トレなど積極的な体の動きをする場合は、筋肉の活動領域が大きいので「ビダンザゴースト」着用による効果は非常に大きなものになります。

つまり「ビダンザゴースト」はそういった運動効果を拡大かつ効率的に体に反映させるサポートアイテムなのです。

(2)疲労感があるのは想定内

いずれにしても「ビダンザゴースト」を着て活動すると筋肉にかかる負荷が増えるわけですから、当然疲れを感じてもおかしくありません。でも、そこには当然個人差があります。仮に疲れを感じてしまっても、それは「ビダンザゴースト」が予定通り効いているからこその表れと考えることもできます。

さらに言えば、長年決して良くないといわれる姿勢で過ごしてきて慣れてしまった姿勢(例えば、猫背)を「ビダンザゴースト」がもつ「姿勢矯正効果」でもって、無理やりに正しい姿勢に矯正され、今後その姿勢で日々過ごすことを強要されるので、その点で疲れがでてしまうこともあります。

(3)着用を継続することでやがて疲労感はなくなる

だから、最初は疲れを感じるとしても継続して怠りなく着続けると、筋力がUPするにつれて、また良い姿勢に慣れていくにつれて疲れを感じなくなるはずです。

したがって、疲れを感じるからと言ってすぐに着用をやめてしまうのは非常にもったいない話しで、頑張ってしばらくは継続していくべきです。そうすれば素晴らしい結果を享受できるはずです。決して即効性があるものとは考えないでください。

(4)無酸素,有酸素運動を繰り返すのが理想

そもそも「ビダンザゴースト」といった加圧シャツは、上半身なら上半身全体を計算された加圧力でもって刺激を与え、特にランニング等の有酸素運動を経ると体内に大量の酸素が供給可能となり、それによって血流が改善されて運動することで体内に蓄積される疲労物質の血中乳酸濃度が抑制されます。だから、運動をすればするほど疲労感が薄れていくのです。

したがって「ビダンザゴースト」を着用しての運動は、筋トレ等々の無酸素運動とランニング等の有酸素運動を繰り返し行いのが理想です。

つまり、筋トレなどの無酸素運動で筋力をUPさせることで、そう簡単に疲れない筋肉を作り上げ、ランニングなどの有酸素運動で体内にそう簡単に乳酸濃度が高まらない体質を作り上げるのです。

もちろん、無酸素運動、有酸素運動どちらか一方でもまったくしないよりはする方がずっといいです。

最新加圧シャツ「ビダンザゴースト」の詳細はコチラ
ビダンザゴースト(発汗性・加圧シャツ)特徴&効果そして口コミ評判はどうなの?

公式サイトでの購入はコチラをクリック!
VIDAN THE GHOST(ビダン ザ ゴースト)

「ビダンザゴースト」と姉妹品「ビダンザビースト」との比較

「ビダンザゴースト」は、2017年11月に発売された今ある加圧シャツのなかで最新のモノです。そして「ビダンザゴースト」と「ビダンザビースト」とは姉妹品であり「ビダンザゴースト」は「ビダンザビースト」の発展型といえます。

「発展型」とはどういう意味かというと「ビダンザゴースト」には「ビダンザビースト」のもつ機能に「ビダンザビースト」にはないプラスαの機能が備わっていて、このプラスα機能を備えているところに「ビダンザゴースト」の大きな特徴があるのです。

(1)「ビダンザゴースト」と「ビダンザビースト」比較①

①生地材質について両者が共通して持っている特徴

「ビダンザゴースト」も「ビダンザビースト」も同じメーカーであることから、両方ともメインの生地素材は「ポリエステル」です。「ビダンザビースト」の方は「テリレン」と記載されていますが「テリレン」はポリエステル系合成繊維の商標名ですから「ポリエステル」と同じと考えて問題はありません。

そして「ビダンザゴースト」は「ポリエステル(テリレン)82%」「ポリウレタン18%」と表示され、「ビダンザビースト」は「ポリエステル82%」「スパンデックス18%」と表示されています。「ポリウレタン」と「スパンデックス」の表示の違いがありますが、「スパンデックス」とはポリウレタン系合成繊維であり、両者は同じと考えていいです。

だから、両者とも「ポリエステル(テリレン)82%」「ポリウレタン(スパンデックス)18%」という品質表示で同じです。

ところで、この「スパンデックス」とは伸縮性に極めて優れ、混紡率が低くてもその特性を失わない弾性繊維であるため、それが加圧シャツの生命線である加圧力を生み出す重要な源泉となっているのです。

そして「スパンデックス」はそれ単独で使用されることはほとんどありません。他の繊維に配合させて使われることが多いので、その配合割合が加圧シャツの価値を決める大きな要素となります。その点「ビダンザゴースト」も「ビダンザビースト」も共に「スパンデックス」の配合割合は18%となっていて、その数値はこのジャンルのなかでもトップクラスだし、実際の加圧力も強烈です。

「ビダンザゴースト」「ビダンザビースト」ともに、この「スパンデックス」でもって「筋トレ効果」「姿勢矯正効果」「着痩せ効果」「食欲抑制効果」が導かれるのです。

以上述べたことが「ビダンザゴースト」「ビダンザビースト」ともに共通して持っている特徴についてです。

②生地材質について「ビダンザゴースト」だけがもっている特徴

「ビダンザゴースト」は加圧シャツ史上初の試みである「熱可塑性ポリウレタン」をシャツの一部に採用しています。これが「ビダンザビースト」にはない大きな特徴です。

「熱可塑性ポリウレタン」とは、主にサウナスーツなんかに利用されている素材で気密性と保温効果をアップさせ、外側からの空気を通しにくく、発汗性を促し、全身の引き締める効果をもっています。

これによって、発汗性と保温性を促し、ひいてはより効率的に脂肪燃焼効果を導き出します。もちろん「ビダンザビースト」でもそのような効果は自然の流れであるわけですが、「ビダンザゴースト」の場合はわざわざ「熱可塑性ポリウレタン」という素材を利用することによって、意図的に、そして特化して発汗性と保温効果を促しているのです。

また「熱可塑性ポリウレタン」は読んで字の如く「ポリウレタン」の一種ですから、要するに「スパンデックス」と同種なのです。だから「スパンデックス」と同様に強烈な伸縮性を備えています。そして、この「熱可塑性ポリウレタン」は、ポリエステルとの配合で利用されてその配合割合は10%(ポリエステル90%)とされています。

このことから「ビダンザゴースト」も「ビダンザビースト」も「スパンデックス」の配合量は18%ということで同じですが「ビダンザゴースト」の場合は、この「熱可塑性ポリウレタン」が含まれているため加圧力、つまり体への締め付け効果は「ビダンザビースト」よりも大きいと言われています。

最新加圧シャツ「ビダンザゴースト」の詳細はコチラ
ビダンザゴースト(発汗性・加圧シャツ)特徴&効果そして口コミ評判はどうなの?

公式サイトでの購入はコチラをクリック!
VIDAN THE GHOST(ビダン ザ ゴースト)

「ビダンザゴースト」の2枚重ね着(裏ワザ)は効果が倍になる?

そもそも、加圧シャツは一枚着用でも十分に効果が出るように設計製作されています。むしろ、それが通常です。

でも、人によって一枚着の加圧力では、ちょっと物足りないとか、もっと早く効果を出したいとか、そのような意図をもって二枚重ね着をする人がいます。これは一つの裏ワザです。実際そういった裏ワザを実践する人が結構いるようです。

販売者側も加圧力が増加することによるデメリットに注意喚起しながらも、その必要性があるのならば基本的には二枚重ねを承認しているようです。

(1)「ビダンザゴースト」二枚重ね着のメリット

①さらなる締め付け効果UP

二枚重ね着すれば、その締め付け効果は当然UPします。

一枚目を着た段階で「ビダンザゴースト」の厚みの分だけ体の体積は増えて太ったと同一視できるわけですから、その上にもう一枚重ねるわけですからその締め付け効果はUPすることは間違えないです。しかも、そのUP度は相当ものといっていいでしょう。

だから、一枚着用で今までやってきた体の動きや運動スポーツに必要とした筋力の度合いが、二枚重ねすると当然に動きづらくなるので、いつも通りの動きをするにはさらなる筋力が必要になります。そこに、二枚重ね着によるさらなる筋力UP効果が見込まれるのです。

だから、体を早く絞りたい、鍛えたいと思っている人は二枚重ね着は効果的と言えるでしょう。

そして「ビダンザゴースト」のもつ姿勢矯正効果も二枚重ねによって、その効果はさらに強化されます。

②さらなる発汗・保温効果UP

「ビダンザゴースト」での発汗・保温効果は、他の加圧シャツとは違ってわざわざ特別の生地である「熱可塑性ポリウレタン」の使って意識的に特化させている効果です。

発汗・保温効果は、要は熱を外に逃がさないで疑似有酸素運動を経て脂肪燃焼効果を促しダイエット効果をもたらします。

だから、二枚重ね着すると一枚のときよりも暑く感じて発汗・保温効果が一枚のときに比べてUPすることになり、代謝がよくなり脂肪燃焼効果もUPすることになり得ます。

まとめると、二枚重ね着によってその効果は必ず2倍になるという単純な話ではありませんが、UPすることは確かであり効率的に効果を求めるのであればやってみる価値はあるでしょう。ただ、あくまで裏ワザであり正規の使用方法ではないことは知っておくべきです。

なお、二枚重ね着をやるときは「ビダンザゴースト」を最低3~4枚は購入した方がいいです。

(2)「ビダンザゴースト」二枚重ね着する際の注意点

そもそも「ビダンザゴースト」をはじめとする加圧シャツとは、それを着るだけで何も動かない、運動もしないのであれば何も効果も表れません。

特に「ビダンザゴースト」は一枚だけであっても、その加圧力の強さは数ある加圧シャツのなかでもトップクラスにあり、その締め付け効果は相当なものです。

だから、二枚重ね着が効率的だとしてもその強烈な締め付け効果によって、動けない、運動もできないということになってしまったら、先に述べたただ着るだけということになってしまい、何ら意味を成さないことになります。

したがって、一般的に加圧シャツは「24時間筋トレ可能アイテム」がセールスポイントですから、もし長い時間で二枚重ね着をして普段の動き、普段の運動ができないならば、それは二枚重ね着はやめた方がいいということを意味します。その場合は、正規の一枚着で行っていきましょう。

そのほか、二枚重ね着することによって、痛み、苦しみ、また気分が悪くなったとか、めまいをしたとかは即刻中止すべきです。また、睡眠中に一枚着はやることはあっても、二枚重ね着はやめた方がいいです。

最新加圧シャツ「ビダンザゴースト」の詳細はコチラ
ビダンザゴースト(発汗性・加圧シャツ)特徴&効果そして口コミ評判はどうなの?

公式サイトでの購入はコチラをクリック!
VIDAN THE GHOST(ビダン ザ ゴースト)

「ビダンザゴースト」の着やすい着方と脱ぎやすい脱ぎ方は?

(1)「ビダンザゴースト」を着る脱ぐ際の心構え

「加圧シャツ」は、その加圧力でもって「筋力トレ効果」「ダイエット効果」「姿勢矯正効果」などなどを導くシャツです。「ビダンザゴースト」は、その中でも最新の「加圧シャツ」の一つといえます。

この「ビダンザゴースト」の特徴をいかんなく発揮し、良い状態でその効果をできるだけ長く維持させるためには、その着方、脱ぎ方に注意しなければなりません。

繊細で特殊な素材で作られているため強い加圧力をもって体を締め付けるわけですから、着るにしても脱ぐにしても生地をそれなりの力で伸ばしながらやらなければなりません。その際に爪が延びているとか、伸びていないとしても爪を立ててやるとかすると生地に傷をつけてしまう恐れがあります。

傷がついたりすると、やがてそこから破けたり、裂けたり、また劣化も早まっていくので丁寧に扱っていきます。

(2)「ビダンザゴースト」の着方

当たり前の話しですが、自分の一番着やすいやり方が確立できればそれを行っていけばいいわけです。

ほとんどの人は通常同じやり方だろうけれど、私の場合は、最初は上から両腕を通し、通しつつ頭を入れて力を込めて一気に裾部分を下げていくのですが、その際に強烈な締め付け効果で、胸側の裾部分と背中側の裾部分が内側に丸く巻き込んでしまう傾向にあります。

胸側は前側なのでその巻き込みを解消するのはやりやすく、シャツの裾部分を見つけてその部分を下していけばいいのですが、

問題は背中側です。胸側の裾の巻き込みを解消した後に背中側の裾の巻き込みを解消させようとしても、当然後ろ側で手が届きにくいし、しかもその強烈な締め付け効果でしっかりと巻き込んでしまっているので、その解消はかなり困難だと思います。

だから、基本的な姿勢は最初から背中側の裾も巻き込まれていくものだと意識しつつ、且つ胸側の裾の解消させながら同時並行で行っていくべきだと思います。

その方法としては、後ろの襟ぐりを時々上にひっぱりながら、胸側の作業との同時並行で巻き込みを解消していくのです。

前と後ろの全ての裾部分をきちんと定位置まで下した後は、シャツのよじれを直す必要があります。よじれたまま着続けても予定した着圧が得られないだろうし、ちゃんとした姿勢矯正効果を期待できなくなります。

まず、左右の袖口が内側によじれていると思うので、各々の袖口をもって外側にずらしていきます。

それから、肩を前に後ろに思いっきり廻して、全体のよじれを直していきます。また、大胸筋の上あたりの生地をつまんで軽くうえに引っ張りあげるとか・・・・。

このように、体のあちこちを動かしシャツの各部分そして全体を定位置に移動してシャツのよじれを解消します。

よじれを直してシャツの着方は終了します。

(3)「ビダンザゴースト」の脱ぎ方

これも当たり前の話ですが、自分の一番脱ぎやすいやり方が確立できればそれを行っていけばいいわけです。

そもそも、まずは通常のTシャツの脱ぎ方で「男脱ぎ」と「女脱ぎ」との二つがあるのを理解してください。

「男脱ぎ」とは、両手で首の前襟をちょっと持ち上げて口のところまで持って行き、そしてそのまま両手を首の後ろ襟まで廻して、襟をつかんで一気に引き上げて頭を抜き脱ぐ方法です。

「女脱ぎ」とは、両手を前のウエストの位置で交差させて右手は左側の裾を、左手は右側の裾を掴んで、一気に下からめくり上げて頭を抜き脱ぐ方法です。

もちろん、男性が「女脱ぎ」女性が「男脱ぎ」を絶対にやらないというわけではありません。やる人もいるでしょう。でも、ほとんどの人が男性が「男脱ぎ」を、女性が「女脱ぎ」をしているのです。この理由は、男性用Tシャツと女性用Tシャツとの作りの違いから脱ぎ方に違いがでてくると言われています。

女性用Tシャツの作りは、体のラインを美しく見せるためにフィットした作りになっています。つまり袖やくびれの部分の密着度が高いためTシャツ自体の可動範囲が狭いのです。だから、肩が上げずらいこともあって「男脱ぎ」はやりづらく、ゆえに「女脱ぎ」が定番となっているのです。

それに対して、男性用のTシャツの作りは、動きやすさ重視ということで、袖や首元が比較的ゆったりな作りになっているので「男脱ぎ」が定番になっているのです。

以上のことは、シャツの作りの違いから導かれた一つの定説です。そしてそれなりの説得力があると思います。

このことから「ビダンザゴースト」の適した脱ぎ方も想像がつくはずです。すなわち「ビダンザゴースト」が男性用のみとしても、加圧力による強い密着度で体を締め付けているわけですから、必然的にフィット感がある女性用Tシャツの「女脱ぎ」がここでは当てはまることになります。

「ビダンザゴースト」で「男脱ぎ」を試すのは、かなり困難を要するはずだし、それでも無理にやろうとすると「ビダンザゴースト」が延びてしまい着圧効果が減退して役に立たなくなる恐れがあります。「ビザンダゴースト」で「男脱ぎ」はやめてください。「女脱ぎ」でいきましょう。

ただ「女脱ぎ」であっても、通常のTシャツのように一回のめくり上げで全て脱ぎ終わることはなかなか難しいと思います。特に汗を大量にかいているときは4~5回に分けでめくり上げていくことになると思います。繰り返していけば、最後には完全に脱ぐことができるはずです。

最新加圧シャツ「ビダンザゴースト」の詳細はコチラ
ビダンザゴースト(発汗性・加圧シャツ)特徴&効果そして口コミ評判はどうなの?

公式サイトでの購入はコチラをクリック!
VIDAN THE GHOST(ビダン ザ ゴースト)

「加圧シャツ」とは?~コンプレッションウエアとの比較を通じて~

(1)「加圧シャツ」の「加圧」の言葉について

「ビダンザゴースト」は加圧シャツの一つです。「ビザンダゴースト」の特徴、効果はトップページを参照して頂くとして、ここでは基本的ないわゆる「加圧シャツ」とは何か?について述べます。

ただ、その前に「加圧」という言葉について押さえておきましょう。

「加圧シャツ」は、まさに圧力を加えると言う意味で「加圧」という言葉を使っているのでしょうが、良く混同されるのは「加圧トレーニング」というトレーニング方法です。

同じ「加圧」という言葉が使われていることから、「加圧シャツ」なるものが、専門家の指導の下に行われる「加圧トレーニング」を自分でも簡易的にできるものと勘違いされやすいのです。

でも、そもそも「加圧シャツ」と「加圧トレーニング」とは異なる理論で成り立っているもので両者は全く別物です。でも、両者ともトレーニング効果はあるということです。

ここでは詳しくは述べませんが、両者の対比から簡単に述べると下記のようなことになります。

「加圧トレーニング」とは、トレーニング時に腕や脚の付け根に専用のベルトを巻き付けて血流を制限し、軽い負荷がかかる運動でも血中乳酸濃度をどんどん上昇して、よって成長ホルモンの分泌を促進させ筋力アップ等を図ります。危険を伴うので専門家の指導の下行われます。
「加圧シャツ」とは、反対に圧力が体全体に伝わって血中乳酸濃度の上昇を抑える効果があります。 血中乳酸濃度上昇と疲労感の増大とは深い関係があり、乳酸濃度上昇を抑えることで運動その他による筋肉疲労を軽減し、さらに着圧で無駄な筋肉の振動を抑えることでも疲労軽減を図り、最終的に筋力UPやダイエット効果に導いていきます。

だから、両者を区別するためにも、また「加圧シャツ」はシャツを着ることで体全体に圧力を与えるものですから「加圧」というよりは「着圧」の方が馴染むかもしれません。よって「着圧シャツ」と命名した方がいいのかもしれません。でも、すでに「加圧シャツ」として浸透してしまっているので、ここでも「加圧シャツ」という呼び方で通していきます。

(2)「加圧シャツ」とは何?コンプレッションウエアとの違いは?

「加圧シャツ」とは、一言で言えば、読んで字の如く体に「圧」を加えるシャツをいいます。今、人気沸騰のアイテムで様々な「加圧シャツ」が発売されています。

代表的なモノは、このサイトでメインで紹介している「ビダンザゴースト」を筆頭に、その姉妹品の「ビザンダビースト」お笑いの庄司智春がアンバサダーをしている「金剛筋シャツ」その他「マッスルプレス」「スリムゼウス」などがあります。

同じ体に「圧」を加えるものとして「コンプレッションウエア」というものがあります。よくプロアスリートたちが身体の線がもの見えのピチピチシャツを着ているのを見かけますが、それです。

代表的なモノはパイオニア的存在の「アンダーマーマー」イチローが愛用している「CW-X」その他「テイクヒット」「バイオギア」などがあります。

ともに体に圧力をかけるということで同じ構造を成していますが、両者はその目的が異なります。

①「加圧シャツ」の目的

「加圧シャツ」とは、伸縮性に優れたポリウレタン系の繊維(スパンデックス)を使うことで筋肉に圧をかけ刺激し、筋力アップ効果、ダイエット効果を導き、と同時に姿勢矯正効果で呼吸が楽になって、大量の酸素供給が可能となり、血流が改善され疲労物質である血中乳酸濃度を抑制する効果をもつシャツです。

もちろん、着ているだけというそれだけでそのような効果が生まれるわけではありません。何らかの日常の動き動作をはじめ運動系の体の動きを併用することによってそれらの効果は倍増されます。

②「コンプレッションウエア」の目的

「コンプレッションウエア」も伸縮性が優れたウレタン系の弾性繊維が使われていて、主にプロアスリート系の人たちが利用しています。

言ってしまえば、そういった人たちは筋力アップとか、ダイエットとかはすでに完成の域に達している人たちなので、筋力UPの面はあるとしても、それよりはそのアスリートが今現在取り組んでいる競技をやっている最中の筋肉の無駄な動きを抑え最高のパフォーマンスができるようにサポートすることを目的とするシャツといえます。

それから「加圧シャツ」で述べた姿勢矯正効果もあって、そこから始まる血中乳酸濃度を抑えることでスタミナ向上、疲労回復速度UPにつながるにつながります。

だから、各アスリートは競技をやっている最中に着用しています。

③ 両者の目的 ~まとめ~

はっきり言って、両者とも体に「圧」を加えるという意味で非常に似通っています。

ただ、①②で述べたことから分かるように、その目的が決定的に異なってきます。

「加圧シャツ」は、これから体を鍛えるとか、あるいはダイエットするとか、どちらかというとゼロから体づくりするときのサポートアイテムとして使われます。

これに対して「コンプレッションウエア」は、アスリートのようにパフォーマンスが一定のレベルにまで達している人が、さらなる運動パフォーマンス向上へのサポート役として利用されるモノと言っていいでしょう。

そのための両者の具体的な違いは「加圧」というか「着圧」の度合いの違いに表れています。「加圧シャツ」の方が「コンプレッションウエア」よりも「圧」が強いです。逆をいえば「コンプレッションウエア」の方が「圧」が弱いです。

これは「コンプレッションウエア」があくまでアスリートのパフォーマンス向上を促進することにあるので、強い「圧」は不要で、もし、強い「圧」を向けるとかえって筋肉の動きに必要な機敏性がなくなってしまいます。

最新加圧シャツ「ビダンザゴースト」の詳細はコチラ
ビダンザゴースト(発汗性・加圧シャツ)特徴&効果そして口コミ評判はどうなの?

公式サイトでの購入はコチラをクリック!
VIDAN THE GHOST(ビダン ザ ゴースト)

「ビダンザゴースト」は効果ないと言う人の言い分を検証

もちろん「ビダンザゴースト」も加圧シャツの一つですが、いわゆる加圧シャツの宣伝文句って気を引く文句がならべられていますよね。

『着るだけでムキムキ体型!』『24時間筋トレ状態!』『着るだけでシックスパック 細マッチョ!』などなど・・・・、この歯の浮くような文句を見て、すぐに飛び付いて買ってしまう人、かえって怪しんで購入に躊躇してしまう人・・・、その思いには当然に濃淡があるけど、購入した人の口コミの中には効果だ出たという良い口コミはあれば、当然にそんなことは全然ないという悪い口コミもあるわけです。当然ですが・・・。

例えば、悪い口コミとしては

「中々痩せない」「全然効果なし」「ムキムキにならない」「変化を実感できない」「着るだけなんてウソ!」「ただ、汗をかくだけ・・・」「即効性がない」「加圧が辛くて続かない」「加圧不足で効果を感じない」「ボクサータイプにならない」「女性用がない」などなど・・・と言った類のものです。

思うに、最後の「女性用がない」は除いて、要は「自分の想定した効果がない」と言っているに尽きます。

とは言いつつも、24時間筋トレ時代の到来、筋トレ女子の増加などなどを背景に様々な種類の「加圧シャツ」が発売されて、なかには筋トレ志向の有名お笑い芸能人を登場させたりして「加圧シャツ」は大ヒット商品となっているのも事実です。

もちろん、効果が出るか出ないか、出るとしてもその時期はいつ頃かは、その人個人の体型、体質、周囲の環境をベースに個人差が出てくるでしょうが、いわゆる加圧シャツを着用したにもかかわらず効果なしと判断してしまった人の加圧シャツに対する考え、知識、情報、そして扱い方等を見てみると、主に下記のようなことが考えられます。

・単に着るだけで、特に何もしなくても効果が出ると思っている。
・1日の中で加圧シャツを着ている時間があまりにも短すぎる。
・1~2週間前後の短期間の着用で細マッチョorダイエットができると思っている。
・着用する加圧シャツのサイズが自分の体型を合っていない。

まず、着るだけで、しかも短期間で筋肉質の体型になり、細マッチョになると思っているのならば、そういった考えは即刻に取り除いた方がいいです。もし、そのようなアイテムがこの世にあれば世の男たちは苦労しません。

ここからは「ビダンザゴースト」に絞って説明していきますが、「ビダンザゴースト」は、『加圧効果』でもって筋肉を刺激して筋力をつけ、そして『発汗保温効果』でもって脂肪燃焼を導く、という二つの働きでもって筋トレ効果、ダイエット効果をもたらす加圧シャツといわれています。

ただ「ビダンザゴースト」が王道として目指す働きは、着用することによって、日常の動作が筋力アップにつながる、脂肪燃焼につながる、あるいは本格的な筋トレによる筋肉増量、筋力アップ効果が、より効率的に発揮できる、本格的なランニングによる脂肪燃焼効果が、より効率的に表れる、といった+アルファ的な効果をもたらすサポートアイテムとして意味があるのです。

もし、着るだけで、しかも即効で希望する効果の兆しでも出るようだったら、それは儲けものと考えた方がいいです。それは良い方に個人差が出たということで・・・。

それから、1日の「ビダンザゴースト」を着ている時間が2~3時間という短い時間だったら、これまた意味がありません。そもそも加圧シャツは普段忙しくて筋トレとかランニングに時間を割けない人にとってのアイテムでもあるので、それを着用する時間が短時間では意味がありません。

お風呂に入っている時間は除くとしても、仕事中、通勤中、その他日常のすべてです。場合によっては睡眠中も含めた着用時間を確保すべきだし、少なくともそのように努力すべきです。

それから、自分の体型、体格に合っていないサイズの「ビダンザゴースト」を購入してしまって長続きしないというのは、それはもはや致命的で決定的なミスです。そのミスを回復するにはサイズの合ったモノに買い替えるしかありません。

思うに、この「ビダンザゴースト」はすでに販売されている数ある加圧シャツのなかでも最新のモノです。とはいえ、このアイテムに最初から過度に期待しすぎるのではなく、最初は着用した自分の姿を鏡で見てちょっと着やせしたスッキリ姿を演出できたことに満足感を覚えるだけでもいいと思います。

先に述べたように、あくまでベースの動きがあって、その+アルファのサポートアイテムであるという考えを持つことが大切です。

そういったレベルで「ビダンザゴースト」を日常の中でさりげない形で受け入れていく感覚でいいと思います。簡単に諦めるようなことはしないで気楽な感じで長期間使用していく姿勢で着用した方がいいです。そうすれば、やがては満足いく結果が表れるでしょう。

最新加圧シャツ「ビダンザゴースト」の詳細はコチラ
ビダンザゴースト(発汗性・加圧シャツ)特徴&効果そして口コミ評判はどうなの?

公式サイトでの購入はコチラをクリック!
VIDAN THE GHOST(ビダン ザ ゴースト)

「ビダンザゴースト」を睡眠中でも着ていてかまわない?

(1)睡眠中に「ビダンザゴースト」を着用する意味は?

「ビダンザゴースト」をはじめ各種加圧系シャツは、どれも「24時間筋トレ可能!」というふれ込み、前宣伝がなされているのが通常です。となれば、就寝中も「ビダンザゴースト」を着用を続けることは基本的には問題ないということになります。

ただ、その前に着用ができるできないを考える前に、睡眠中にまで着用する意味がそもそもあるのか?ということを考えて見る必要があります。

そもそも、加圧シャツはただ着るだけで効果が出るというわけではありません。着用することで日常の動作や運動、筋トレなど体を動かすことによってなされる筋力アップ、ダイエットの効果をより倍増させるサポートアイテムとして存在意義があります。

だから、着用時間がいくら長くても日中と比べてほとんど動きがない睡眠中では、効果はほとんど望めないといってもいいかもしれません。

でも、世の中には睡眠中にも着ている人は結構いるらしく、とくに「ビダンザゴースト」の場合「加圧効果」のほかに「発汗保温効果」も秀でているので、人の睡眠時には多くのエネルギー消費(基礎代謝量)と発汗作用があるといわれ、その作用をより促進することが期待できます。

したがって、睡眠中に着用するのも決して意味がないではありません。一つの効率的な使用方法として取り入れる価値があります。

(2)筋肉肥大化のメカニズム

取り入れる価値があるとして、そこでぜひ知識としておさえておきたいのが「筋肉肥大化のメカニズム」です。

筋トレとかランニングとか、特に筋肉を負荷をかける運動・トレーニングを行った場合、それによって筋線維がブチブチと切れて筋肉が損傷してしまうのです。

ただ、その損傷された筋繊維が修復(修復時間48時間~72時間)されることで、その筋肉は前回と同程度の負荷では切れない強い筋肉として肥大化されていくのです。この筋肉肥大化を「超回復」と呼んでいて、その繰り返しで筋肉はどんどん肥大化し力強く成長していきます。

そして、この筋繊維が修復する過程、時間を筋肉を休息させる期間としてとらえてください。

筋肉負荷⇒休息⇒負荷⇒休息⇒負荷⇒休息・・・・・・⇒「超回復」(筋肉の肥大化メカニズム)

だから、筋肉に休息を与えるということは非常に大切なことです。その休息が不十分、つまり筋繊維が未だ修復されきれないまま、続けて負荷をかけるとケガや肉離れといった故障の原因となります。ケガや故障しないまでも疲労が蓄積されて、かえって筋肉のパフォーマンスが低下していきます。

したがって、運動、トレーニングなどで特に筋肉に負荷をかけたときは、必ず筋肉を休める期間をおくことを意識する必要があります。

以上を踏まえて「ビダンザゴースト」の睡眠中の着用について述べてみます。

(3)睡眠時に「ビダンザゴースト」を着用できるケース

睡眠中の着用が可能だとしても、まず考えるべきことは当然のことながら睡眠中の着心地感です。着用が睡眠をジャマすることなく、適度なフィット感がかえって心地よく気持ちのいい睡眠がとれることが大切です。

もし、そのように感じるなら着用して睡眠をとるのは何ら妨げられません。睡眠の効果は高まることでしょう。もし、そのように感じられないのであれば睡眠中の着用は避けてください。

ただ、着心地感が良好であっても、日中に着用して特別に激しい筋トレをしたとか、マラソン級の長距離ランニングを敢行したとか、そういった場合は(2)で述べたように筋繊維がかなり損傷していることが予想されます。その場合は同じく(2)で述べたように十分な休息をとって、まさに「超回復」を図るべきときです。

もし、そのような場合でも「ビダンザゴースト」を着用してしまうと、睡眠中でも筋肉に刺激を与え続けることになり、筋肉を休息する時間が奪われて、かえって筋肉が成長する機会を失わせることになりかねません。

だから「ビダンザゴースト」を着用して睡眠をとって良いケースとは、着心地感が良好であることを前提に着用した一日が筋肉に特別な負荷をかけていない日常での普通の動作に終始した場合に限ってのことだと考えるべきでしょう。

ということは、毎日筋トレをしたり、長距離ランをしたりして筋肉にそれなりの負荷をかけている人は、睡眠中の着用は常に避けるべきことになりますが、基本はその通りなんでしょうが、毎日の継続がすでに長期間続いている人の筋肉はそれ相当の強い筋肉の持ち主なはずですから、これも個人差があると思います。

基本的には、筋肉に日常を超えた負荷をかけた場合は、筋肉に休息を与え「超回復」を図るために、睡眠中の着用はやめた方がいいと思います。

最新加圧シャツ「ビダンザゴースト」の詳細はコチラ
ビダンザゴースト(発汗性・加圧シャツ)特徴&効果そして口コミ評判はどうなの?

公式サイトでの購入はコチラをクリック!
VIDAN THE GHOST(ビダン ザ ゴースト)

「ビダンザゴースト」は女性が着てもいいの?

(1)今は「腹筋女子」「筋トレ女子」が熱い!

今は24時間筋トレ時代といわれています。その風潮は明らかに女性の間にまで浸透しています。

これまでは、筋トレと女性とは互いに遠いポジションで、女性があこがれる女性像はユルっとした柔らかそうなフワっとしたものが主流でした。もちろん、今でもそれが主流なのでしょうが、でも、今はカリスマモデルトレーナーのAYAさんの登場を契機に「腹筋女子」「筋トレ女子」を目指す一般女性が増えてきています。

「運動しないと曲線美はつくれない。食事制限だけでも痩せられるけれど、出るところは出て締まるところは締まる曲線美は運動しないと絶対に出来ない。」by AYA

(2)「ビダンザゴースト」は女性にも着られる?

筋トレをやっている女性にとって、いわゆる加圧シャツの利点は、着用することで要は筋トレに近い状態(筋トレの補佐的作用)を導き出すことにあります。だからそういった女性にとって打ってつけのアイテムであり、それによって筋トレ効果は倍増するのです。

もちろん、筋トレではなく、ラン二ングとかその他のスポーツをやってる女性だっているわけで、体を動かすあらゆる運動、スポーツにとって加圧シャツは筋肉に刺激を与えつつ、筋力強化、筋肉量の増加を図るので、有効であることはいうまでもありません。何であれその効果倍増します。

とくに「ビダンザゴースト」には【加圧効果】と【発汗保温効果】の二つの特徴を備えています。

【加圧効果】によって、締め付け効果で筋肉に刺激を及ぼし、無酸素運動の筋トレに近い状態にもっていき基礎代謝量を増やします。それによって筋肉の増量、筋力アップを図ります。

【発汗保温効果】によって、ラン二ングなどの有酸素運動を経て脂肪燃焼作用を導き、まさに引き締まった体型づくりに大いに貢献します。

だから、この二つの特徴を備えた「ビダンザゴースト」は女性の方々にも是非に利用してもらいたいのです。

ただ、残念ながら「ビダンザゴースト」は今のところ男性用ということで作られていて、女性用の「ビダンザゴースト」はありません。果たして、そういったモノを女性が着用して効果が得られるのでしょうか?

問題はサイズですが、そもそも女性用より男性用の方が大きいのは確かなわけだし、加圧シャツ系は伸縮性もあるわけだから女性が着ようと思えば十分着ることができるわけです。

だからといって、短絡的に着用をお勧めするわけではありません。下記の3つの問題があります。

①バストサイズ

男性用に作られた「ビダンザゴースト」は、当然女性のバストサイズについてが何も考えもせずにつくられているはずです。

このことは、仮に着られるとしても到底無視できない重要なことです。もちろん、バストサイズには個人差があってバストの大きい方、大きくない方、といるわけですが、いずれにしても女性が着用することを予定していない「ビダンザゴースト」では、長時間に着用することでバストの形が崩れてしまうことだって十分考えられるわけです。

だから、基本的には女性は「ビダンザゴースト」を着ることはやめた方がいいです。ただ、実際に着用してみて窮屈感、苦しい感、気分がわるくなった感などなどの違和感が全くないのであれば着用してもいいかもしれませんが。

②加圧効果が十分に満たされるか?

「ビダンザゴースト」を着るということは、それによって適度な加圧力を体が受けるからこそ着るのです。それがなければ着る意味が全然ありません。

日本人女性の20歳~40歳台までの平均身長は約158cm、平均体重は約51kgです。この数字を踏まえて先の「ビダンザゴースト」のLMの適用サイズ表を見てください。明らかにサイズ、大きさに差があります。

あくまで、平均サイズの女性か、それ以下の女性が対象となりますが、その女性が「ビダンザゴースト」を着たとしても適度な加圧力を受けられません。だから「ビダンザゴースト」を着るのはお勧めしません。

ただ「発汗保温効果」を求めるのならば「ビダンザゴースト」を着てみる価値はあると思います。

③男性と女性の筋トレ目的の違い

弾性が筋トレをする場合、女性が筋トレをする場合、それぞれ筋トレの目的が違うはずです。

男性は、たくましい筋肉をもった立派な体を作りたいと思うのでしょうが、女性は、スリムで引き締まったそして曲線美ある体がほしいと思うはずです。

もちろん、女性でも男性が目指すような筋骨隆々な体型を目指す人もいるだろうし、男性でも中性的なイメージの体型を目指す人もいるだろうし、そこには考え方にグラデーション、濃淡があるのも事実です。

サイズ的にぴったりと合って、もし男性的な筋骨隆々を目指すのなら、女性でも「ビダンザゴースト」はうってつけかもしれませんが、主流の考えは先に述べたことでしょうから、そうであれば、やはり「ビダンザゴースト」は女性にはお勧めできないことになります。

最新加圧シャツ「ビダンザゴースト」の詳細はコチラ
ビダンザゴースト(発汗性・加圧シャツ)特徴&効果そして口コミ評判はどうなの?

公式サイトでの購入はコチラをクリック!
VIDAN THE GHOST(ビダン ザ ゴースト)

「ビダンザゴースト(ポリウレタン素材)」の洗濯方法は?

「ビダンザゴースト」の秀でた特徴は【加圧効果】【発汗保温効果】を備えていることです。

その効果を着用している身体に適正かつ継続かつ存分に及ぼすためには、この二つの効果を損なわれないような取扱い、つまり洗濯の仕方をしなければなりません。

【加圧効果】を導く生地は「スパンデックス」という特殊繊維。【発汗保温効果】を導く生地「熱可塑性ポリウレタン」という素材で「ビダンザゴースト」の販売ページではこの両者は役割が異なる別の生地のごとく紹介されていますが、両者とも元々はポリウレタン繊維なのです。

(1)「ポリウレタン」素材の特徴、とくに弱点を知る

ポリウレタンはゴムのような性質(優れた伸縮性)を持った化学繊維で、今回の「ビダンザゴースト」のように生地に伸縮性を持たせたい衣料に使われていることが多く、ただ、それ単独で利用されることはなく、他の繊維との組み合わせで使われることがほとんどです。今回の「ビダンザゴースト」もポリエステルと組み合わされています。(商品材質タグには下記の表示があります。)

     ・スパンデックス生地・・・・ポリエステル82% ポリウレタン18%
     ・熱可塑性ポリウレタン・・・ポリエステル90% ポリウレタン10%

 
「ビダンザゴースト」の特徴を導き出すポリウレタンの含有割合が、わずかでも含まれている限り(混紡)洗濯するにあたってはポリウレタンの特徴、とくに弱点をしっかり知っておく必要があります。

ポリウレタンには、その寿命があまり長くないという弱点があります。時間の経過とともに劣化していくスピードが他の繊維と比べても早い傾向にあります。しかも、その劣化は購入者が商品を使い始めた日からではなく、商品が製造された日から直ちに始まっていくのがです。

この劣化スピードがこの繊維にとって大きな悩ませどころであり「ビダンザゴースト」といった衣料にポリウレタンが使われた場合、製造日から2~3年で寿命が来ると言われています。

主な劣化要因を下記のとおりです。見ればお分かりのように、洗濯に必須の水分でさえ劣化要因の一つに挙げられているので、通常の生活環境ではもはや劣化はどうにも避けられない現象なのです。

(1)体脂、皮脂
(2)空気中の水分
(3)塩素
(4)大気ガス(排気ガスなど)
(5)日光、紫外線、熱

もちろん、劣化は避けられないとしても、そのスピードは扱い方、使い方、使用環境によっても早くなったり、遅くなったり左右されることはあります。だからこそ、日頃の洗濯のやり方に注意を払わなければならないわけです。

(2)「ビダンザゴースト」を洗濯する際の注意すべきこと

①洗濯表示タグをしっかり確認すること

「ビダンザゴースト」のタグをみると下記の洗濯表示が示されています。

① 液温を30℃を限度に洗濯機で非常に弱い洗濯処理(逆水流コースor手洗いコース)で行う
② 塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止
③ タンブラー乾燥機の使用禁止
④ 日陰吊り干しにする
⑤ アイロン仕上げ禁止
⑥ ドライクリーニング禁止

洗濯する際は、この洗濯表示をしっかり確認し、それぞれの意味を理解し、それに従いながら次に掲げる6つの項目に注意を払いながら洗濯しなければなりません。

②洗濯する際に守るべき6つの注意項目

1.洗濯水の水温は30℃以下にする

ポリウレタンを素材とする「ビダンザゴースト」は、熱に弱いため洗濯水の水温が30℃を超えてしまうと、縮みや劣化を促進することになります。また、水分にも弱いので水に長くつけておくことも避けた方がいいです。

2.洗濯用中性洗剤で洗濯する

中性洗剤は洗剤の中でも決して汚れを強力に落とす強い洗剤ではありません。だからこそ繊維への影響力が少ないので「ビダンザゴースト」を洗濯するには最適です。決して塩素系漂白剤は使用しないでください。

3.強い力で洗わない

洗濯するときは裏返しにして洗う方が、皮脂や汗などが落ちやすくなります。強い力で洗うと、ねじれ跡がつきやすいので避けてください。手洗いがベストだがもみ洗いよりは押し洗いの方が良いと思います。もし、洗濯機を使うとなれば洗濯ネットに入れて洗うのが繊維のいたみが少なく済むのでいいです。水流はもちろん弱で行います。洗濯は短時間で済まします。

4.脱水は短時間で済ます

脱水は一番短い時間に設定にします。脱水が終わった後は直ちに干します。時間を置くとシワと型崩れの原因になります。

5.干すときは陰吊る干しにする

乾燥機で乾かすのは絶対にやめてください。必ず自然乾燥にして直射日光は避けて、陰吊る干しにすることが大切です。

6.アイロンの使用禁止

何度も言っていますが、ポリウレタンは熱に弱いですから、洗濯の最後の仕上げだといってアイロンをかけるのは絶対に避けてください。

(3) まとめ

ポリウレタン繊維は、ゴムのような性質を持ちながら、決してゴムにはできない細い繊維がつくれるので、その応用範囲は極めて広いです。加圧力が生命である「ビダンザゴースト」のような加圧シャツはこのポリウレタンがなければ決して誕生しなかったといえるでしょう。

しかし、この素材、繊維には先に述べた複数の要因から非常に劣化しやすいという、どうにも避けられない欠点があるのも事実です。

要するに、ポリウレタン繊維の特徴を良きも悪きもしっかりと理解しておけば、せっかく手に入れた「ビダンザゴースト」を可能な限り長持ちさせることができるのです。

いずれにしても「ビダンザゴースト」は、製造時から劣化が始まるわけですから、着用することなく温存する意味は全くありません。複数枚購入したらすべてを分け隔てなくドンドン使用していきましょう。

最新加圧シャツ「ビダンザゴースト」の詳細はコチラ
ビダンザゴースト(発汗性・加圧シャツ)特徴&効果そして口コミ評判はどうなの?

公式サイトでの購入はコチラをクリック!
VIDAN THE GHOST(ビダン ザ ゴースト)

「ビダンザゴースト」を着用してランニングダイエットを実践したら?

(1)「ビダンザゴースト」はランニングダイエットに効果はある?

ランニングにはダイエット効果があるということに特に反対する人はないはずです。だから、ダイエット目的でランニングを始める人って結構いますよね。言ってしまえば、ただ走るだけだし、基本的にはお金はかからないし、走る場所なんてそこらじゅうにあるし、要は気軽にできる運動なわけです。

ランニングは有酸素運動の代表例です。有酸素運動とは酸素を体内に大量に取り込みながら継続的に行う運動のことで、その最大の特徴は脂肪燃焼効果があることです。

ダイエットに取り組んでいる人にとって脂肪燃焼は永遠の課題でしょうし、どちらかというと脂肪は悪役とされがちです。お腹周りを見ればそう思っちゃう人もいるでしょう。

でも、人が活動するためのエネルギーが貯蔵されているところで絶対に必要なモノだし、ただ、過ぎると太ってしまうよろしくない状況になってしまいます。だから、脂肪燃焼を適度に、しかも効率的に引き出すにはランニングといった有酸素運動が最も最適なのです。

したがって、ランニング単独でも継続していけばダイエットの効果は十分あります。でも「ビダンザゴースト」を着用してランニングをするとそのダイエット効果はさらにパワーUPすることになるのです。

(2)ダイエット効果がさらにパワーUPする理由は?

「ビダンザゴースト」といったいわゆる加圧シャツは、その加圧力による引き締め効果によって筋肉に刺激を与えて、着用しながら日常の動作で筋肉量と筋力のUPを図るアイテムです。

決して着るだけで効果が保証されるといった虫のいいアイテムではありません。やはり体を動かさないといけません。筋肉を動かさないといけません。日常の動作が「ビダンザゴースト」を着用することで数%UPで筋肉に刺激を与えてくれます。そういった意味で有酸素運動のランニングは最適であり、ダイエットに向けてのランニングは「ビダンザゴースト」との相性は抜群の良いということです。

筋肉量、筋力がUPすることで基礎代謝量が増えていき、それによって必然的に消費されるカロリー量が増えていきます。消費されるカロリーが摂取するカロリーをわずかでも上回れば、体は徐々に痩せていき、しかも基礎代謝量を高めていけば太りにくい体質になります。

そして「ビダンザゴースト」を着てランニングという有酸素運動を続けていけば、「ビダンザゴースト」がもつ発汗保温効果でもって脂肪燃焼効果は、さらに効果を増します。

すでに知っての通り「ビダンザゴースト」には、加圧効果と発汗保温効果の二つの効果をもっているのが大きな特徴です。

加圧による締め付け効果はどちらかというと無酸素運動系の筋トレ系運動に寄与し、発汗保温効果はどちらかというと有酸素運動系のランニング系運動に寄与するといえます。ダイエットを成功するためには、無酸素運動と有酸素運動の両方をバランスよく取り入れることが必要です。

まさに「ビダンザゴースト」を着て継続的にランニングをすることによって、両者の相乗効果によりダイエットの道は一段と速まっていくことになるのです。

(3)理想的なダイエット

いくら「ビダンザゴースト」を手に入れて、それでランニングダイエットを目指し脂肪燃焼を働きかけても、そもそも脂肪にはとてつもない量のカロリーが貯蔵されているのです。

体脂肪1gあたりカロリーは9kcalが貯蔵されているいわれていて、炭水化物の4kcal、タンパク質の4kcalと比べても圧倒的に多いです。だから体脂肪1kgのなかにはなんと9000kcalものカロリーがあって、脂肪1kgのうち20%が水分だとしても9000×80%で実に7200kcalが貯蔵されていることになります。では、体重75kgで体脂肪20%の人だったら、脂肪は15kgとなって計算してみれば分かると思いますがとんでもないカロリー貯蔵量となります。

これを、いくら「ビダンザゴースト」使って運動で消費カロリー増やすことのみで「消費カロリー>摂取カロリー」の状況を維持していくのであれば、それはかなり難しいことです。摂取カロリーをセーブしていくことも大切です。

ただ、脂質を抑えるという意味で「一切肉を食べない」というのであれば、体、筋肉を構成するたんぱく質が不足して基礎代謝が低下し痩せにくい体になってしまいます。

脂質を抑えながらもバランスのとれた食事が必要です。低カロリー高タンパク質の摂取に心がけながら、ランニングといった適度な運動を交えて、理想的なプロセスを踏みながらダイエットを目指していくべきです。そのために「ビダンザゴースト」大いに役立つはずです。

最新加圧シャツ「ビダンザゴースト」の詳細はコチラ
ビダンザゴースト(発汗性・加圧シャツ)特徴&効果そして口コミ評判はどうなの?

公式サイトでの購入はコチラをクリック!
VIDAN THE GHOST(ビダン ザ ゴースト)